ギャッペ

ギャッペ(GABBEH)とは…

ギャッベとは、南ペルシア(イランの高原南西部)の遊牧民族によって織り続けられている手織り絨毯です。

上質天然ウール100%で全て草木染めなので、科学染料や揮発性有機化合物は一切使用しておりません。敏感肌の方やアレルギーのある方におすすめで、お子様にとっても安心安全の絨毯なのです。

上質ウールから生まれる驚くほどに柔らかい触り心地・気持ちよさ、そして一点モノという世界に一枚しかない価値、それが『ギャッベ』です。

ギャッペの特徴

100年以上長持ちをする耐久性

土足用の絨毯のため、膨大な時間と手間をかけ、丹念に糸を撚り、手で紡いだ一品です。
制作をしているイランの遊牧民の方たちは母から子へと受け継ぐ、伝統と実績のある絨毯なのです。

夏は涼しく、冬は暖かい

羊毛は驚くほどの調湿効果を備えております。
夏はベトつかずにさらっとしており、冬場は暖かい空気をため込むために、季節を問わずお使いいただけます。

お手入れが簡単!!

ギャッペは丹念に織り込まれた絨毯のため、ゴミが表面でストップします。
そのため、掃除機一台があれば十分な上、油分を多く含む上質な羊毛を使用しているため、汚れも弾きやすいのです。

私どもがギャッペを通して伝えたいこと

ギャッペはイランの遊牧民の母から娘へと受け継がれていく伝統的な織物です。
そこにはたくさんの愛が詰まっています。

受け継がれる愛、物を大事にする愛、自然と共に歩む愛…

核家族が増え、一族のつながりが希薄になってきた日本。
物があふれ、使い捨てが常識となった日本。

物が豊かになった代わりに失ってしまった大事なものを思い出してほしい…

ギャッペは愛をつなげ、物を大事するという「豊かな心」を実感できる素敵な絨毯なのです。