群馬県伊勢崎市でアスファルトシングルの屋根のすがる部分の収まり。

query_builder 2022/06/07
ブログ
アスファルトシングル スガル部分

群馬県伊勢崎市で新築の屋根の工事をアスファルトシングルを使用しておこないました。

その中で、すがる部分の収め方のお話。

最近の新築の屋根の工事ではこのアスファルトシングルは本当に良く採用されています。

そのアスファルトシングルの収めの部分ですがる部分という場所が有ります。


ケラバと言われる部分と軒先の部分がぶつかる場所なのですが、

写真のような収まりになります。


ここは、さほど雨漏りになりやすい部分ではないのですが、収め方を間違えると雨漏りが起こってしまうことが有ります。

ケラバの上部を雨水が侵入しないように板金を加工しておき、さらにエル型の捨て水切りを入れて、その上にアスファルトシングルを施工しておく必要があります。


こういった細かいところは建設会社ごとに決まりを設けることも有ります。

写真の建設会社さんはこのように収めることが決まっているので指示通りにいつも施工しています。

このエル型板金を入れておくとより安全性が担保されるのでこれは良い事なのだと思います。


アスファルトシングルの場合、ケラバの部分を包みケラバを使用しないことがあり、その使用の場合はこのような形にならず、上部に何も出ない収め方もあるので全体の仕様が有りきになるので、エル型板金が入らないからと言って、手抜き工事にはならないので、ご注意くださいませ。


フラット仕様の場合に逆にエル型板金を無理に入れると雨漏りの原因になってしまうので、

全体の仕様がどちらかなのかをご確認くださいませ。


本日も有難うございました。






NEW

  • 群馬県で屋根工事の悪徳業者に引っ掛からないために気を付けて欲しい事。

    query_builder 2022/08/10
  • 群馬県で屋根工事の他にもウレタン断熱の施工もしています。

    query_builder 2022/08/09
  • 群馬県桐生市瓦屋根の無料診断にいってきました。

    query_builder 2022/08/09
  • 群馬県高崎市で新築の屋根の工事がはじまりました。

    query_builder 2022/08/09
  • 群馬県伊勢崎市の工場の屋根の雨漏りを直すために、雨樋のバイパスをつくりました。

    query_builder 2022/08/07

CATEGORY

ARCHIVE