群馬県桐生市で古い瓦の屋根の雨漏りの現調にきました。

query_builder 2022/05/16
ブログ
雨漏りの現調

群馬県桐生市で古い瓦の屋根の雨漏りの現調に行ってきました。

今回の屋根はセメント瓦とかスレートなどと言われる本当に古いタイプの瓦の屋根になります。

今からおおよそ50~60年前くらいに施工されたものがほとんどです。

当時は日本瓦良いも安価で群馬県でもよく製造されていたためか、その時代の建物には良く採用されていました。

やはり、日本瓦に比べると防水性能、耐久性などが劣っているために、雨漏りも多いです。

今となっては製造もしていないために雨漏りを直すとなるとふき替え工事が必要になっています。

耐久性の低さは瓦の性能だけでなく、下地のベニヤも深く関係しています。

5.5mmのベニヤでスレート瓦がその当時の流れで、ベニヤも10数年でボロボロになってしまっているケースがおおく、ボロボロになっているので雨漏りが起こり、雨漏りが起こるためにさらにボロボロになるのが、この屋根の特徴なので、こうなってしまったら、

スレートを全て撤去して、新しい屋根材でふき替えることが望ましいと思います。


下地を張り替えて、防水シートを張りなおして、同じスレートを使い、葺きなおす工事も出来ますが、専門業者としてはあまりお勧めしていません。

雨漏りは直るし、今までよりは断然に良いですが、スレートはセメントを主材料としているために他の屋根材に比べて水分を吸ってしまうので、そこが大きな欠点ともいえるのです。


ですので、同じだけの工程をするので、いわゆる手間、工賃はどちらも同じだけ掛かってしまうので同じ工賃をかけるのであればすべてふき替え工事をしてしまったほうが良いかもしれません。無理強いはしないので参考にしてもらえればと思います。


本日も有難うございました。







NEW

  • 群馬県桐生市の新築の屋根工事完了しました。

    query_builder 2022/07/03
  • 埼玉県本庄市に先日の降雹の被害の調査にいってきました。

    query_builder 2022/07/01
  • 群馬県桐生市で雨漏りの無料診断をおこないました。

    query_builder 2022/06/30
  • 群馬県前橋市で新築の屋根の工事が始まりました。瓦の屋根になります。

    query_builder 2022/06/29
  • 群馬県伊勢崎市を中心に深夜に大雨が降りました、雨漏りは無かったでしょうか、、

    query_builder 2022/06/28

CATEGORY

ARCHIVE