群馬県伊勢崎市でも雪が降りました。雪止め瓦の役割。

query_builder 2022/02/10
ブログ
雪止め瓦

群馬県のみならず、本日は関東全域に雪が降っています。

東京も大雪警報が出るかもとの話で、今後気温が下がれば雪が積もるかもしれないとの予報です。

そんな中で、今回は雪止め瓦の役割の話をしておきます。


瓦屋根、板金屋根、アスファルトシングルの屋根、スレート屋根、住宅にはいろいろな屋根が有りますが、その屋根においても雪止め金具というものが有ります。

雪止め金具の役割は、雪が降った時に屋根に積もった雪が一度に滑り落ちるのを止めて、

屋根の上で雪を溶かして、水に代わってから雨樋を通り流すことが一番の役割になります。

したがって、雪止め金具がついていないお家は屋根に雪が積もったら一気に下に雪の塊となって落ちてしまうのです、もちろんその時に雪の下敷きになれば危険でありますし、一気に落ちる際に雨樋を壊してしまうことが多いので、関東あたりでは大体のお家に雪止め金具を設置してあります。


瓦屋根の場合は屋根自体にそれなりの勾配が有り表面も滑りやすいので、必ず雪止め金具を付けたほうが良いと思います。

板金屋根の場合は勾配が少なく済むので勾配が少ない場合は付けなくても問題がないことも有りますが、性質上雪は滑りやすいので勾配がそこそこある場合には設置したほうが良いと思います。

アスファルトシングルは性質上雪は滑りずらいですが、勾配によって設置したほうが良いと思います。

スレート屋根は雪は滑りやすいので設置したほうが良いと思います。


このように同じ屋根でも設置したほうが良い場合とそうでない場合があるので、

お家づくりの参考にしてもらえればと思います。


本日も有難うございました。





NEW

  • 群馬、埼玉北部で訪問販売の詐欺が増えています。お気を付けくださいませ。

    query_builder 2023/10/12
  • 群馬県高崎市で屋根の現調に行ってきました。

    query_builder 2023/01/06
  • 群馬県みどり市で屋根の調査を行ってきました。

    query_builder 2022/12/15
  • 群馬県伊勢崎市で薪棚の屋根工事をおこないました。

    query_builder 2022/12/13
  • 群馬県太田市で新築の屋根工事を行いました。

    query_builder 2022/12/07

CATEGORY

ARCHIVE