群馬県桐生市で火災保険を使って屋根の無料修理をしました。

query_builder 2021/04/27
ブログ

今回、まず連絡が入った時に、2階の瓦が落下して、

1階屋根の上に落下して、1階屋根の瓦が破損してしまった、、と連絡を頂きました。

早速調査に行ったところ、確かに、その通りでした。

そこで、原因究明と、見積もり依頼を頂き、詳しく調査しました。


築15年くらいですとの話だったので、まだまだ、現役バリバリなのですが、

結果、現行の施工方法とはちょっとやり方がちがっていました、、、


ちょっと専門的な話になってしまいます。

このお宅で使用しているいわゆるF型瓦と言われるもの。

今の住宅主流となっている瓦の形状なのですが、出始めたのがちょうど20年くらい前なのです。

当時より施工基準書は存在してましたが、その施工基準書も今の物とは全くちがっていました。

ですので、当時の瓦職人さんたちは試行錯誤しながら、

最善の施工方法を模索しながらの時期だったのです。

もちろんその中で、絶対に漏水事故を起こさないように注意はしてましたが、

やはり最善の形になっていないものも多々あります。


今回はそういった背景がある中で、施工のせいではないものの、

少し弱くなってしまったところに群馬特有の強風が吹きつけて、

留めていた釘が緩み、瓦が落下するという事態になってしまったようです。


今回のケースでは風害にあたるため、写真とお見積書を提出し、

保険屋さんに認定されたため施主さんは負担なく屋根の修理ができました。


今回は瓦の落下先が人の上でなく、大事には至らなかったですが、

もしもを考えると大変に危険でした。

住宅を建てた背景などはお客様の責任では全くないですし、

今の住宅なら、今考えられる事はすべてやってあると思われます。

ですが、10年たつとまた時代が変わり、何が起こっているかわからないものですので、

やはり10年に一度くらいは漏水などなくても点検を心がけてもらいたいです。




NEW

  • 群馬県桐生市で新築住宅の瓦屋根工事、

    query_builder 2021/05/14
  • 埼玉県本庄市で雨漏り相談があり、点検してきました。

    query_builder 2021/05/11
  • 群馬県前橋市で屋根の無料点検

    query_builder 2021/05/05
  • 小沼瓦店からの社名変更の由来その3

    query_builder 2021/05/02
  • 小沼瓦店からの社名変更の由来その2」

    query_builder 2021/04/28

CATEGORY

ARCHIVE